和を愛する日本人向け【神前式でハッピーウェディング】

結婚式

選びたい結婚式のスタイル

和装

これからの挙式

結婚式と言えば多額のお金がかかると言うイメージがあるため入籍した後も式を挙げない夫婦が増えています。そうした節約志向の男女のために東京の結婚式場では少人数結婚式を行なう結婚式場が生まれており、こうした式であればさほどお金がかかりません。しかしこのような形で少人数の結婚式を行ないたい場合、そもそもキリスト教式の式ではなく神前式を行えば良いのです。神前式は親族以外の参列者が挙式に参加しませんので数多くの人を集める必要がありません。もちろん東京で神前式を行なった後に披露宴に友人達を招待する事も可能です。そもそも神前式は日本伝統の結婚式ですから、今後益々入籍に伴って神前式を考慮に入れる夫婦が増えるようになるでしょう。

日本の心を知る

神前式の結婚式は最も日本人の本能に触れる結婚式です。そもそもキリスト教式の結婚式はキリスト教を信仰している日本人でなければ本質的に理解できませんし、神に夫婦の婚姻を誓うのは違和感があります。しかし神前式は日本が古来から大切にしてきた国内の神々の前で行なう結婚式ですから、精神的に違和感がありません。結婚とはそもそも夫婦二人の間で完結した行事ではなく社会的なものです。地域社会に二人の結びつきを知らせる上でも国内の神殿で結婚式を行なう価値は大きいのです。東京で暮らす夫婦が神前式を行なう場合、東京の中にある行きつけの神社を選んで挙式すると良いでしょう。暮らしの折々にお世話になる神社で挙式すればそれだけ思い出を作れます。